鈴木圭エンジンガイド

スズキエンジンは通常、軽トラックの後部または座席の下にあります。 エンジンは小さいですが、車両に十分なパワーを提供します。 ただし、スズキエンジンはすべて同じではありません。 さまざまな世代と、市場での競争力を維持するために軽トラックが進化した方法のために、スズキエンジンは他のエンジンとは異なる場合があります。 スズキケイのエンジンについて疑問に思ったことがある場合は、読み進めてください。

スズキエンジンはフロントに配置されたエンジンに表示されます。

初期のスズキエンジン

軽トラックの開発が始まった当初は、ほとんどの車両が小型で、必要な電力も少なくて済みました。 さらに、何を構築できるかについての制限により、車両のエンジンは現在のモデルよりも小さく、パワフルではありませんでした。 スズキキャリの初代などの最初のモデルでは、359ccの2気筒エンジンを搭載していました。 このエンジンは、フォルクスワーゲンバンのように空冷式でした。

初代スズキエンジンの速度と馬力はわずか21馬力でした。 しかし、このエンジンは主にオフロード用であったことを考えると、当時としては良い選択でした。 スズキエンジンのオプションのほとんどは、70年代後半まで359ccエンジンのままでした。 その時、エンジンはより強力なLJ50 359cc、2気筒、2ストロークエンジンに切り替わりました。 以前のエンジンとは異なり、これらのエンジンは水冷式でした。 さらに、エンジンは28hpまで上がるもう少しパワーを見ました。 80年代から90年代初頭にかけて、出力はさらに増加し、一部のエンジンは最大45hpになりました。

現代の鈴木圭エンジン

技術と規制が年々変化するにつれて、スズキエンジンも変化しました。 最新のエンジンは3気筒で、前世代からの変更点です。 さらに、エンジンは巨大な68hpを取得します。 これはフルサイズの車両よりも低いですが、ケイにとってこれは途方もない力です。 パワーの増加は、軽トラックのサイズと幅に関するより緩い規制への対応としてもたらされます。 現代のスズキキャリとスバルサンバーなどの競合他社との違いを見ることができます。

運転中、現代のスズキ軽のエンジンはわずかに振動します。 これは3気筒エンジンの典型です。 運転中の加速は少し長く、車両は約13秒で62mphに達します。 そうは言っても、動的加速を必要としない町や小都市内を運転する場合、これは問題ではありません。 また、ほとんどの軽トラックとバンはオフロード用に設計されているため、パワーは十分すぎるほどです。

古いですが、車を路上で使用したい場合は、25歳以上のモデルを選択してください。 ほとんどのエンジンの寿命は最大20万マイルであるため、KeiTruckのエンジンは引き続き良好です。 エンジンの走行距離を再確認してください。 必要に応じて、はるかに少ない費用でエンジンを修理または交換できます。新しい車両を購入するのに費用がかかります。 輸入する前に、地元の税務および輸入当局に連絡して、Keiが現在の規制を満たしていることを確認してください。

A guide to the Kei Suzuki Engine

The Suzuki Engine is generally found in the rear or under the seat of a Kei Truck. Though small, the engines provide ample power to the vehicles. However, all of the Suzuki Engines are not the same. Because of the various generations as well as the way in which Kei Trucks have evolved to stay competitive in the market, your Suzuki Engine may be different than others. If you ever wondered about the engines of a Suzuki Kei, read on.

Suzuki Engine displayed on a front located engine.

The Early Suzuki Engine

During the beginning of the Kei truck development, most of the vehicles were smaller and required less power. Additionally, restrictions as to what could be constructed caused the vehicle to have a smaller and less powerful engine than models today. On the first models, such as the Suzuki Carry first generation, you had a 359cc, 2-cylinder engine. This engine was air cooled, much like the Volkswagen van.

The speed and horsepower of the first-generation Suzuki Engine was only 21hp. But given that this engine was primarily for off-road use, it was a good selection for its time. Most of the Suzuki Engine options remained with the 359cc engine until the late 70s. At that time the engine switched over to a more powerful LJ50 359cc, 2-cylinder, 2-stroke engine. Unlike the former engines, these engines were water cooled. Additionally, the engine saw a bit more power going up to 28hp. In the 80s and early 90s the power increased yet again with some engines getting up to 45hp.

Modern Kei Suzuki Engines

As technology and regulations have changed over the years, so has the Suzuki Engine. Modern engines are 3-cylinder, a change from prior generations. Additionally the engines get a huge 68hp. While this is lower than full-sized vehicles, for a Kei this is tremendous power. The increase in power comes as a response to more laxed regulations on the size and width of the Kei trucks. You can see the difference in the modern Suzuki Carry as well as in competitors such as the Subaru Sambar.

When driving, the engine of the modern Suzuki Kei has a slight vibration. This is typical of 3 cylinder engines. Acceleration when driving is a bit long, with the vehicles reaching 62mph in about 13 seconds. That being stated, this is not an issue when driving within a town or small city where you would not need to have dynamic acceleration. And as most Kei Trucks and Vans are designed for off-road use, the power is more than sufficient.

Although older, if you wish to use your vehicle for on-road use, pick a model which is 25 years or older. The engine in the Kei Truck should still be good as most of the engines have a lifespan of up to 200k miles. Double check the milage on the engine. If needed you can repair or replace the engine for far less then it would cost you to purchase a new vehicle. Before importing contact your local tax and importation authority to ensure your Kei meets current regulations.