軽トラックの州条例

軽トラックの州条例は州ごとに異なります。 このため、軽トラックを購入したい人は、軽自動車を購入する前に州法をよく理解しておくことが重要です。 ほとんどの場合、彼らは25歳以上の車両をクラシックカーとして宣言することができます。 クラシックカーは通常、新しい車両が順守しなければならないのと同じ規制や規定に従う必要はありません。 軽トラックの購入を検討している場合は、開始に役立つ州ごとの規制を以下に示します。

州によって定められた法律がない場合、それらの州は路上での使用は違法であると見なされるべきであることに注意してください。 ただし、これはすべての州に当てはまるとは限りません。 繰り返しになりますが、地元の州の輸入および運転当局に連絡して、軽トラックに関連する詳細を見つけてください。

軽トラックの州条例は注意深く見なければなりません。 これはガベルと条例という言葉です。

軽トラックまたはミニトラック

軽トラック、軽バン、軽自動車には違いがあることを知っておく必要があります。 通常、軽自動車はフルサイズの車両に似ています。 軽トラックは日本からの輸入品で、主に都市や農業用車両のように作られています。 車両の構造は米国の自動車製造とは異なるため、使用に関する基準と安全規制を順守する必要があります。 州が道路での車両の使用を許可している場合でも、車両を操作する前に、車両を標準の交通安全条件に戻す必要がある場合があります。

軽自動車を所有することには利点があります。 主に、アクセスのしやすさと価格を考慮する必要があります。 軽トラックは最大20ᵒの斜面を簡単に移動できます。 トラックは地面よりも低いため、重量配分により、ATVやその他の小型車両よりも安全な運転性が得られる傾向があります。

軽トラックの州条例

規制は州ごとに異なります。 以下は、各州に関連する既知の規制のリストです。 規則は次のとおりです。

アラバマ

彼らは州間高速道路を除くすべての道路で軽トラックを許可します。 さらに、トラックは最低時速25マイルに到達できる必要があります。

アラスカ

アラスカには記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アリゾナ

アリゾナには記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アーカンソー

彼らは、時速55マイルを超えない制限速度のある道路で軽トラックに余裕を持たせています。 これには、高速道路とアクセス制御された高速道路は含まれません。 また、すべての車両は、農場および農業目的でのみ登録する必要があります。

カリフォルニア

彼らは、人口が400万人を超える郡で、面積が20,000エーカーを超える自然の島で任意の軽自動車を使用できます。 ほとんどの世代の軽トラックは、これらのパラメーター内でアクセスできます。 ただし、カリフォルニア州内では、オートエット車(3輪車)は許可されていません。

コロラド

法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

コネチカット

コネチカットには記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

デラウェア

この州には法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的であるため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

フロリダ

一部の道路では軽トラックが許可されています。 ただし、速度制限は35mph以下である必要があります。 車両をミニトラックとして登録する必要があります。 したがって、トラックを使用する郡に、ミニトラックをオフロード車またはRV車として登録する必要があるかどうかを確認してください。

ジョージア

ジョージア州の軽トラックは、農業および農業目的でのみ使用できます。 25年以上経過した古い車両では、クラシックカーとして登録して道路で使用することができます。 さらに、速度規制に基づく制限がまだある場合があります。 要件と制限については、ローカルゾーニングに確認してください。

ハワイ

彼らはハワイの州法を記録していません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アイダホ

アイダホ州では、地方自治体のオプションに基づいて軽自動車を許可しています。 これは、購入して操作する前に、車両を操作したい郡に確認する必要があることを意味します。 ただし、ユーティリティタイプの車両である軽トラックを制限する車両には州全体の制限があります。 UTVはありません。

イリノイ

地方条例で制限されていない限り、制限速度35mphの道路で軽トラックを使用できます。 また、住宅街で操作する場合、制限速度は時速25マイルを超えることはできません。 車両のエンジンは356ccエンジンを搭載する傾向があるため、通常、旧世代の軽トラックはイリノイ州にとって理想的です。 これらのエンジンは、新しい車両よりも低い馬力を生成します。 さらに、古い車両には免除がある場合があります。

インディアナ

法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アイオワ

アイオワ州の軽トラックに関する記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

カンザス

地方条例で車両の使用が制限されていない場合は、公道や企業の市域内で軽トラックを使用できます。 ただし、州間高速道路や州政府または連邦政府によって管理されている主要高速道路など、許可されていない道路があります。 州全体で、軽トラックに関するUTV条例はありません。

ケンタッキー

彼らは、ケンタッキー州の軽トラックの使用を地方条例のみに基づいています。 そのため、車両の運転を希望する郡に確認し、使用規則および使用規定を入手してください。

ルイジアナ

制限速度が55mph以下の道路では、軽自動車が許可されます。 ただし、これには、使用が禁止されている連邦または州の高速道路は含まれません。 ミニトラックの使用は禁止されています。 分割された高速道路や部分的に制御された道路での使用は許可されていません。

メイン

制限速度が時速35マイル未満で車両の全体速度が時速25マイル未満の場合、主要道路での軽トラックを考慮に入れます。 これにより、車両の使用は主に住宅地に限定されます。 高速道路や州間高速道路でのKeiの使用は許可されていません。

メリーランド

軽トラックに関する州の条例は記録されていません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

マサチューセッツ

マサチューセッツ州について記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ミシガン

州法は存在しません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ミネソタ

彼らは、地方条例に基づいて、この状態での軽自動車の使用に基づいていました。 許可される軽トラックの種類も地方条例で定められています。 地域の規制を確認して、軽トラックをどこでどのように使用できるかを確認してください。

ミシシッピ

彼らは現在、この州の法律をリストしていません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ミズーリ

地方条例は、トラックを使用できる場所を規定しています。 ただし、州の条例により、軽トラックの速度は45mph以下の車両に制限されています。 彼らはミズーリ州で小型ユーティリティビークルを許可しませんでした。 これにより、現代世代の軽自動車の使用が制限される可能性があります。 購入する前に、意図したインポートの全体的なhp出力を確認してください。

モンタナ

軽トラックにアクセス可能な法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ネブラスカ

小型車は許可されていますが、軽トラックは許可されていません。 主要高速道路、州間高速道路、高速道路、高速道路を除くすべての道路で小型車を使用できます。 ミニトラックが軽トラックとなるのか、ミニトラックとなるのかについて質問がある場合は、地方自治体に確認してください。 軽トラックからキャンピングカーへの改造でない場合は、軽自動車やキャンピングカーに手当が支給されます。

ニューハンプシャー

それらは、ニューハンプシャーでの使用に軽トラックを制限します。 35mph以下の道路へのアクセスが制限されていることを除けば、車両の使用は住宅から25マイル以内でなければなりません。 事業所での使用は許可されていますが、事業所から半径25マイルの範囲外で使用することはできません。 ニューハンプシャーには許可された低速ユーティリティビークルはありません。

ニュージャージー

利用可能な州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ニューメキシコ

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ニューヨーク

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ノースカロライナ州

この州で利用できる法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ノースダコタ

彼らは州内のほとんどの舗装道路で軽トラックを許可します。 これに対する免除は、高速道路と制限速度が65mphを超える道路です。 軽トラックの速度は時速55マイルを超えることはできません。 ノースダコタ州の軽トラックをオフハイウェイ車両として登録する必要があります。つまり、主にオフロードまたは農業用に使用されます。

オハイオ

制限速度が35mph以下の道路では、軽トラックが許可されます。 ただし、地方条例はこれよりも優先されます。 軽トラックのアクセシビリティについては、地域のゾーニングに確認してください。 州全体で、軽自動車の速度は35mphを超えることはできません。

オクラホマ

彼らは、高速道路と州間高速道路を除くすべての道路で軽トラックを許可します。

オレゴン

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ペンシルベニア

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ロードアイランド

利用可能な州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

サウスカロライナ

利用可能な州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

サウス・ダコタ

州法は存在しません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

テネシー

通りの制限速度が40mph以下の場合、軽トラックを許可します。 郡および市の道路では、管轄内で軽トラックが許可される場合があります。 州全体のトラックを最高速度35mph以下の車両に制限しています。 高速道路、州間高速道路、および小道は、州全体へのアクセスが禁止されています。

テキサス

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ユタ

高速道路、州間高速道路、および小道を除くすべての道路で軽トラックを許可します。 地方条例に基づいて、アクセスに制限がある場合があります。 州全体で、法律は最高速度が45mphを超える軽自動車の使用を禁止しています。

バーモント

州法は存在しません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

バージニア

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ワシントン

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ウェストバージニア

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ウィスコンシン

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ワイオミング

軽自動車は、アクセスしている道路の制限速度に到達できる必要があります。 彼らはすべての道路で余裕を持っていますが、右側の車線と車道の端を維持する必要があります。 彼らは多目的車として軽トラックをリストしなければなりません。 地方条例によりアクセスが制限される場合があります。

軽トラックの州条例に関する注記

軽トラックに関する上記の州条例は、ガイドとしてのみ使用してください。 規制や規定を決定するために適切な当局に連絡するのは、軽トラックの所有者の責任です。

軽トラックの州条例はさまざまです。 あなたの軽トラックを購入するとき、それらを覚えておいてください。

何年購入すればいいですか

軽トラックを運転したい郡または州の規制によっては、古い車両を選ぶことをお勧めします。 これは規制の抜け穴です。 軽トラックに関するほとんどの州の条例では、車両が25歳以上の場合、軽自動車をクラシック自動車として登録することができます。

新しい軽トラックは、他のサイズやクラスの車両と同じ基準に車両を引き上げた場合に制限される道路で使用できる可能性があります。 これは、リフトキット、ライトの交換、シートベルト/エアバッグの取り付けなどが必要であることを意味する場合があります。

中古ミニジャパニーズバン

中古のミニジャパニーズバンは、いくつかのブランドと世代でご利用いただけます。 大手自動車メーカーのほとんどは、日本のメーカーを使用して軽トラックやバンを製造しています。 これらのさまざまな車両について知ることは、お金を節約し、運転のニーズに独自のソリューションを提供するのに役立つ可能性があります。 しかし、それらは購入する価値があり、標準サイズの車両とどのように比較されますか? そして、ミニ日本のバンとは正確には何ですか? ミニジャパニーズバンの使用について疑問に思ったことがある方は、この記事をご覧ください。

この赤と白のような中古のミニジャパニーズバンは、街での使用に最適です。

中古ミニジャパニーズバンの説明

軽自動車は、一般的に呼ばれているように、車両の全体の高さ、長さ、幅に制限がある小型車両です。 現在、この規格では、全長が11フィート、幅が4.9フィート、高さが6.6フィートになっています。 標準のバンと中古のミニジャパニーズバンの最も顕著な違いは幅です。 しかし、これは購入を思いとどまらせるべきではありません。 車内にはまだ数人の乗客のための余地があります。軽自動車は、添加剤よりも車両の機能に重点を置いて、余分なスペースを取り除くだけです。

軽自動車のほとんどを搭載しているのは660ccエンジン。 これはKeiの基準に準拠しています。 ほとんどのバンはワンボックスカーモデルとして知られており、デザイン全体が1つの部品として構成されていることを意味します。 ワンボックスカーは、乗用車に似た小さな商業デザインです。 これらのデザインにはボンネットがあり、背の高い乗客が快適に乗ることができます。 軽自動車のワンボックスカーは、通常、その同義名であるワゴンと呼ばれます。

エンジンの配置と駆動機能

使用済みのミニバンのサイズが小さいため、エンジンはいくつかの場所の1つにある可能性があります。 古い車両は通常、車両の後部にエンジンがあります。 これは、フォルクスワーゲンなどの大型バンにエンジンを配置するのと似ています。 ミッドジェネレーションモデルは、ミッドシップにエンジンを搭載する傾向があります。 これは、エンジンが乗客または車両の中央に配置され、キャビン内のパネルまたはバンの床板を持ち上げることによってアクセスされることを意味します。 通常、この場合、エンジンは助手席の下に配置されます。 軽自動車が現代世代の場合、エンジンが前にある可能性があります。

すべてのエンジン配置は同じカテゴリにあります。 これにより製造分類が容易になりますが、エンジンにアクセスする方法と場所を知りたい人には少し問題があります。 輸入している軽自動車のエンジンの正確な位置を取得するには、写真を撮るか、車両を視覚的に検査する必要があります。

バンの運転機能は通常後輪と4WDです。 軽自動車のトランスミッションは、3速から4速マニュアル、5速オートマチックとは異なります。 これも、インポートする世代とメーカーおよびモデルによって異なります。

中古ミニジャパニーズバンのブランド

市場にはいくつかの異なるブランドのKeiバンがあります。 ただし、Keiプロバイダーの中には標準と見なされているものもあります。 中古ミニジャパニーズバンの最も人気のあるブランドの3つはここにあります。

1つ目はダイハツアトライです。 この軽バンは1981年に発売され、箱型の白いデザインで知られています。 ハイゼットに基づいて、全体的なデザインはほとんどの世代で同じままです。 しかし、よりモダンな外観は、7人乗りの高いバンに向かう市場のニーズに合わせて調整されています。

次に、ホンダアクティバンが利用可能です。 これは1979年にホンダストリートの名前で導入されました。 ホンダストリートは1979年から2018年までホンダのメインのケイバンとして残っています。 2018年に、車両はN-Vanに置き換えられました。 中古のミニバンをお探しの方は、ホンダストリートとN-Vanの美観が大きく異なるため、より古い世代を探したいと思うかもしれません。

最後はスズキキャリです。 軽トラックをベースにしたスズキキャリは、市場で最も古く、最も信頼されている軽ブランドの1つです。 1962年にパネルバンとして最初に導入されたスズキキャリは、ブランドのさまざまな世代にわたって継続してきました。 最も一般的なスズキキャリは4世代目以降で、葉と裏が面取りされています。 根本的な変更は第8世代で発生し、車両全体が改良されました。 この新しいデザインは、新しいバンの外観に対応しています。 現在、スズキキャリバンは廃止され、スズキエブリプラスが代わりに使用されています。

中古のミニバンは大型バンを模倣しています。 これは引き戸が付いています。

なぜ中古のミニバンを購入する必要があるのですか?

中古のミニバンは、市内を移動するための小型車を提供します。 彼らはフルサイズのバンほど面倒でも高価でもありません。 これは、それらが現代の車両と同じ機能を提供しないことを意味するものではありません。 ベースパッケージのフルサイズ車と同様の機能を備えた中古の現世代を購入することができます。 クラシックなオンロード車をお望みの方は、25年以上の軽自動車をお選びいただくと、クラシックカーの見た目と機能をご利用いただけます。

小さいサイズとナビゲーションの利点は別として、Keiバンの多くは、キャンプ用に改造することができます。 バンへの側面と背面のアクセスにより、ニーズに合わせて全体的なインテリアレイアウトを調整できます。 キャンプ、運転、または単に国産のバンよりも少し独創的なものが欲しいかどうかにかかわらず、KeiVanは素晴らしいオプションです。

25歳以上の中古車の輸入は、通常、新しい軽トラックやバンを購入するよりも簡単です。 中古のミニバンの輸入および路上での使用に関する規制や規定については、地方自治体および州当局に確認してください。

日本の農場用トラック-農業のためのより良い方法

日本のファームトラックは、輸入が最も簡単な軽トラックの1つです。 車両は農業目的で使用されるため、ほとんどの州では新しい軽トラックの輸入が許可されています。 これは、新しいスズキキャリ、ダイハツハイジェット、またはスバルサンバーを所有できることを意味します。 他の多くのブランドも、特に農業およびオフロード用のパッケージで利用できます。 日本のファームトラックがあなたのために何ができるのか疑問に思ったことがあるなら、読んでください。

日本の農場トラックは農場の列の間を行き来することができます。 示されているこの農場のように。

サイズのメリット

多くの人が軽トラックを見て、農場で効果的な作業用トラックには小さすぎると思います。 ただし、そうではありません。 軽トラックを使用すると、平均して1500ポンドの物資、干し草、またはその他の貨物をベッドに入れることができます。 彼らはベッドの持ち上げ可能な側面で荷物の安全を達成することができます。 ほとんどの軽トラックでは、側面がすべて折りたたまれているため、トラックの位置に関係なく、すばやくアクセスできます。 トラックのサイズにより、車両の位置決めが容易になり、ベッドの中身をより適切に制御できるようになります。 フルサイズの車両とは異なり、日本のファームトラックの小型はオフロード農業用に意図的に設計されています。

2つの大きな利点

トラックのベッドの多様性に加えて、フルサイズの考慮事項があります。 まず、サイズが小さいため、フルサイズの農場用トラックが行けなかったエリアをナビゲートできます。 たとえば、トラックの外装に大きな損傷を与えることなく、一部のトレイルにフル装備のF-150を搭載することはできませんでした。 軽トラックは、側面を傷つけたり、上部を手足にこすったりすることを心配することなく、ほとんどの通路をナビゲートできます。

第二に、小型トラックは全体の重量を軽くすることができます。 これにより、最小限のドラッグで移動できます。 また、ATVやその他の小型オフロード車よりも高い重量負荷をかけることができます。 最後に、小さいサイズはトラックを持ち運び可能にします。 これは、それらが簡単に牽引できるほど小さいことを意味します。 なぜこれがメリットになるのでしょうか。 小型サイズを使用できるさまざまな農業場所にトラックを路上で運ぶことができるので、それは利点です。

日本のファームトラックナビゲーション

軽トラックのナビゲーションは農業に適していますが、軽トラックを持ち上げてもらうこともできます。 持ち上げられた日本の軽トラックは、農地に共通の窪みや丘のためにもう少しスペースを与えることができます。 軽トラックを持ち上げると、より厚いティアのためのスペースが少し増えます。 ただし、これは必須ではありません。 日本のファームトラックのビルドは、あなたに十分なナビゲーション機能を可能にします。 ほとんどの軽トラックは20ᵒ傾斜を簡単に登ることができます。 しかし、日本のトラックを持ち上げると、作物の安全性が高まります。

ほとんどのリフトはわずか2インチから6インチです。 これはそれほど多くは聞こえませんが、地上作物がどれだけ低く成長するかを考えると、利点がわかります。 軽トラックは、ほとんどの作物を一掃するのに十分な高さですが、持ち上げて完全に一掃することができます。 これにより、トラックは作物の列の間を移動して、収穫物に損傷を与えることはありません。

フルサイズのトラックは列の間を移動できます。 ただし、サイズと重量が大きいと、収穫エリアが損傷します。 フルサイズの車両はより大きくて扱いにくいため、ターン半径が大きくなり、手間がかかり、収穫を終える脅威になります。 ほとんどの場合、車両は安全にフィールドに入ることができず、農民はその場所まで歩いて行きます。 列の間隔によっては、軽トラックが列を安全に運転する場合があります。

この日本の農場用トラックには多くの用途があり、あらゆる農家の助けになることができます。 示されている白い日本の農場のトラック。

日本のファームトラックの用途

主に、日本の農用トラックは、作物の収穫や、ある場所への道具や物資の運搬に使用されます。 日本のミニトラックには他にも用途があります。 これらの使用法のいくつかは次のとおりです。

家畜輸送

軽トラックは、中小規模の家畜を輸送できる車両にすばやく変換できます。 側面が折りたたまれているので、犬小屋やケージを簡単に積み込むことができます。 これは、たとえば、運ぶ必要のある鶏がいる場合、ベッドを改造することなく、トラックでそれを行うことができることを意味します。 それらをロードして移動するだけです。

開墾

農業では、作物を植えるために土地を開墾する必要があります。 土地を開墾する場合は、軽トラックにダンプベッドを取り付けることができます。 これにより、トラックがダンプトラックに変わり、破片をすばやく運んで処分することができます。 フルサイズのダンプベッドは高価であり、土地に損害を与える可能性があります。 日本の農場用トラックをダンプベッドに取り付けることで、土地を安全に保ち、片付けのコストを低く抑えることができます。

給餌とメンテナンス

ファームで実行されるタスクはいくつかあります。 これらは、動物に餌を与えることから、囲いが毎日掃除されることを確実にすることまで及びます。 軽トラックを使用して物資を運搬し、これらのタスクを実行することは、メンテナンスと運用コストを低く抑えるために不可欠です。 軽トラックの燃費は、低コストで給餌・メンテナンスができることを保証します。 軽トラックの大きさで、動物の邪魔をしたり、地面を傷つけたりすることなく、これらのエリアにアクセスできます。

これらは、日本のファームトラックが実行できる多くのタスクのほんの一部です。 フルサイズのトラックがその仕事をすることができれば、軽トラックもそれを行うことができます。

日本の農場のトラックを手に入れる

農業用に使用するため、市販されているほとんどの軽トラックを輸入できます。 農業用と路上用の両方で車両を使用する場合は、クラシックカーのステータスを主張できるように、25歳以上の軽トラックを入手してください。 ケイ農用車両の輸入に関する特定の基準および規制については、地域および州の登録を確認してください。 日本の農場用トラックは、あなたの農業に追加するための効率的で安価な方法です。

ホンダアクティ軽ミニトラックとバン

ホンダアクティは、そのクラスで最も大きな軽自動車の1つです。 経済的な作業車両として機能するように構築され、作業車両の設計を行いました。 これは、すべての世代のキャビンとベッドに焦点が当てられていることを意味します。 1977年から2021年にかけて生産されたホンダアクティは、スズキキャリ、ダイハツハイジェクト、スバルサンバーなどの市場に出回っている他のブランドのいくつかに匹敵します。 彼らはフラットベッドとバンの両方の構造の設計を方向付けたので、各世代の間にいくつかの違いがあります。 それでも、世代に関係なく、ホンダアクティは持つ価値のある軽トラックです。

この青いもののようなホンダアクティトラックは、最も人気のある軽トラックの1つです。
http://www.autogaleria.hu-

ホンダアクティ軽トラックについて

ホンダアクティトラックは実際には略語です。 軽トラックの本名はホンダアクティビティです。 名前を簡略化するために、アクティが採用されました。 ほとんどの車両は、ホンダアクティが廃止された2021年まで鈴鹿工場で製造されていました。 ホンダアクティの輸入をご希望の場合は、第1世代または第2世代の車両を選択することをお勧めします。 これにより、外国車の新規輸入に課せられた安全および排出規制のいずれかを満たす必要がなくなります。

世代を理解する

ホンダアクティのタイトルを見ると、それがどの世代に関係しているのか少し混乱しているかもしれません。 車両は、TAからHH4およびE07Zに至るまでのいくつかのモデルで利用可能です。 これらのモデルと番号は、次のように理解する必要があります。 第1世代のモデルは、TA、TB、TC、VD、およびVH(バンモデルを参照するVDおよびVH)になります。 第2世代では、モデルの範囲はHA1からHH4です。 第3世代は、HA6およびHH6用です。 第3世代にはE07Zも含まれています。 第4世代にはHA8が含まれ、E072を継続します。

初代

ホンダアクティの初代モデルは1977年から1988年にかけて生産された。 この10年間の間に、車両はトラックとバンの両方のオプションを導入しました。 デザインは、シートの下の中央部にエンジンを配置することでこれを反映しています。 当時のほとんどの車両と同様に、545CCの2気筒エンジンは後輪駆動でした。 4WDオプションが導入されたのは、後の第2世代モデルでした。

バンは5ドアで、最初のモデルには導入されていません。 軽自動車は1979年にデビューしました。 ホンダアクティTN360が発売されてから2年。 このように、車両は軽トラックの多くの機能を搭載していました。 バンは改造された軽トラックです。 トラックの機能の多くは残っています。 具体的には、リアライトとキャビンの特徴。 軽自動車のドアには、キャビンの2つのドア、2つのサイドドア、およびリアハッチが含まれていました。 リアアクセスは、簡単にアクセスできるキャンピングカーを作成するために、第1世代モデルで使用されています。

第二世代ホンダアクティ

2代目はホンダアクティの最も多くの変化を見ました。 主に、エンジン内で変化が見られました。 2気筒エンジンの代わりに、第2世代モデルには更新された3気筒がありました。 これは、E059モデルの547およびエンジンとしてのものでした。 これにより、後者のE07Aではさらに強力なエンジンになります。 エンジンが変わると、運転オプションも変わりました。 新しいモデルでは、オートマチックトランスミッションは利用できなくなりました。

市場に出回っている他のいくつかの軽トラックとは異なり、ホンダアクティの第2世代は商用オプションで提供されています。 HA-4シリーズです。 トラックは4WDオプションで提供されているため、ナビゲーションが簡単です。 また、ローフロントギアとリバースギアを搭載することで、第2世代モデルは前世代よりも使いやすくなっています。 第2世代モデルは、マニュアルトランスミッションでは4/5速、オートマチックトランスミッションでは3速で利用できますが、これらは後に廃止されました。

第三世代

1999年5月に導入され、2009年12月まで継続して、第3世代は新しい車両法に対応するために変更されました。 このように、この車両は、軽トラックのより大きな寸法のニーズとキャビン内の機能に対応しています。 さらに、シャーシが更新され、ベッドが大きくなりました。 他の世代のように、エンジンは座席エリアの下にあり、後輪駆動列車によって駆動されたままです。 他の世代と同様に、エンジンはより強力なものに置き換えられました。 E07Zモデルでは、エンジンは656ccになり、52HPが可能になります。 これは、平均して約30であった第2世代のHPからの増加です。

ホンダアクティバンでは、全体のデザインを若干変更し、2代目と同じデザインを採用。 他のホンダモデルを模倣するために少し変更がありました。 しかし、第3世代のバンが現在のような湾曲とモダンなデザインを目にしたのは、第4世代の近くになってからでした。

ホンダアクティの最後の世代

ホンダアクティの最後の世代は2009年12月から2021年まで走りました。 これらのモデルには、E07Zといくつかの第3世代モデルの保存がありました。 第3世代と最後の世代の唯一の大きな違いは、新しいモデルの安全性と技術にありました。 ホイールベースは、より大きなキャビンスペースの必要性に対応するために、第4世代で大幅に短縮されました。 そのため、ベッドのサイズは小さくなります。 新しいモデルは、スズキキャリット、ダイハツハイジェクト、スバルサンバーと同じ安全機能の多くを備えています。

ホンダアクティトラック

ホンダアクティを取得する

2021年に廃止されましたが、ホンダアクティを入手することができます。 第1世代から第4世代まで利用可能ないくつかのモデルがあります。 ホンダ軽トラックまたはバンの輸入を計画している場合は、適切な書類とフォームに記入していることを確認してください。 現在の規定については、地方税および登録局に確認してください。 ほとんどの25年前のモデルは、クラシックカーとして、または農業目的で輸入できます。

スズキアルト

市場に出回っている小型車の1つであるスズキ・アルトは、引き続き軽自動車を製造しています。 現在8代目であるこの車は、その構想以来、何年にもわたっていくつかの変化を経験してきました。 スズキアルトは、最新のテクノロジー、車両バックアップアシスト、さらには車両追跡機能を備えており、市場でトップの軽自動車の1つになっています。 ただし、古いモデルをインポートしたい場合もあります。 新しいモデルの安全性とセキュリティは進歩していますが、路上での使用に必要な基準を完全には満たしていない可能性があります。 第一世代または第二世代のスズキを入手するまた、車を路上で使用できる場合があります。 この軽自動車について疑問に思ったことがあるなら、ここに知っておくべきことがあります。

鈴木アルトが正面から夕日を眺めている。

多くの名前の車

スズキアルトはスズキフロンテの変種です。 名前はもともとアルトではありませんでした。 鈴木フロントでした。 何年にもわたって、鈴木はいくつかの異なる名前をもてあそびました。 したがって、これらの名前を知らないと、スズキアルトを理解したり見つけたりするのが少し難しいかもしれません。 主に米国および欧州市場向けに名前が変更され、名前にはSS40フロンテ、アルトフロンテ、SB308、マルチゼン、マルチスズキアルト、マルチスズキA-スター、およびスズキセレリオが含まれます。 スズキセレリオはほとんどの市場でアルトに取って代わりますが、デザインの特徴と構造はスズキフロンテ/アルトのものです。

初期の頃

スズキアルトは1979年に初めて市場に参入しました。 初代軽自動車は、今日の私たちが知っている車を除いてすべてでした。 当時、圭市場は非常に競争が激しいものでした。 スズキは、今日標準と見なされる多くの機能をオプションとして削除または作成することで、競争で優位に立つことを目指しました。 たとえば、第1世代のスズキアルトには触媒コンバーターがなく、リアウィンドウはオプションでした。 リアウィンドウを選択した場合、それらは標準の自動車用ガラスではなく、不透明なグラスファイバーであることがわかります。 第一世代モデルは、わずか27.6HPの543ccエンジンを搭載していました。 現在、標準は60HPの範囲です。

しかし、鈴木はある程度の寛大さを与えることができます。 初期のモデルは、レジャー車両として使用することを目的としていませんでした。 それは商業的使用のためだけでなく、目的を達成するための手段としても意図されていました。 軽自動車の初期(60年代と70年代)の日本の軽自動車は、A地点からB地点まで乗員を乗せることができる小型車の製造に重点を置いていました。市場が発展するにつれて、スズキアルトも発展しました。

大幅な変更

第2世代から第4世代に変更がありましたが、第5世代に大きな変更がありました。 1998年10月に導入された第5世代では、スタイリングと構造のバリエーションが見られました。 古いモデルは主にハッチバック付きの2ドアでした。 第5世代は3/5ドアハッチバックと3ドアファンを強調した。 アルトのレイアウトとデザインはより湾曲していました。 市場基盤を拡大しながらコストを削減することに焦点が当てられました。 2つの商用バージョンは、電力とパフォーマンスを変更する必要があることを意味しました。 そこで、ターボチャージャーなしの658ccK6Aエンジンを導入しました。 これにより、F6Aエンジンで利用可能だった既存の充電器にバリエーションが与えられました。 マニュアルに4WDを追加。 世代のオートマチックトランスミッション。 古いモデルにはCVTがありました。

審美的に、このクラスには多くの異なるトリムがありました。 具体的には、クラシックなスタイルのスズキもありました。 競合他社は、キャロル、ミツオカ、レイに見られる第5世代の機能の一部をコピーしました。 さらなる美的変更には、レトロバージョンが含まれていました。 これは2001年に導入されました。 5代目もセダンの生産中止。

ブリッジングジェネレーション

第6世代で注目することの1つは、曲率に焦点を当てることです。 車両のデザインは第一世代のものとは大きく異なります。 これは、市場に出回っている他の軽自動車が原因である可能性があります。または、スズキアルトがより大型の車体を模倣するための努力である可能性があります。 6代目からスズキアルトを見ると、トヨタウィルと非常によく似ています。 丸みを帯びたヘッドライトとフロントダッシュは、アルトの初期のデザインから離れています。

今日のスズキアルトは、市場に出回っているソウルやその他の小型車によく似ています。 ただし、同じクラスではないことに注意してください。 これは、トランスミッションとスズキアルトのシャーシ全体によるものです。 スズキケイアルトの新世代では、トランスミッションもアップデートされました。 そして、新しいトランスミッションは手動で5速、自動で3または4速になりますが、エンジンの出力は6世代で658 cc、8世代で998ccです。

青い鈴木アルトが道を進んでいます。

新世代のための新しい体

スズキアルトの最新世代は2014年に始まり、現在に至っています。 この世代は、8世代で導入された新しいボディとスタイルを継承しています。 ただし、導入されたいくつかの新しい機能があります。 具体的には、グリーンテクノロジーに重点を置くことで、車両は以前の箱型の形状をより多く持つようになりました。 エンジンは658ccで、前世代の998ccよりも低い。 他の世代とは異なり、トランスミッションは5速でのみ使用できます。 オートマチックトランスミッションもまた、CVTになりました。

スズキアルトを購入したい場合は、地方税および登録サービスに確認してください。 25歳未満の多くの軽トラックとバンには、使用と輸入に関する規定があります。 スズキアルトの第1世代や第2世代などの古い世代は、クラシックとして分類できるため、制限が少ない傾向があります。オフロードや農業での使用も、輸入の問題が少ない傾向があります。 繰り返しになりますが、詳細については、Keiブローカーに確認してください。

小さな日本のトラックとバン

小さなトラックやバンの人気が高まっています。 スバルサンバー、日産パオ、三菱ミニキャブなど、多くのブランドが市場に出回っています。 しかし、これらのブランドを小さなトラックとバンにしているのはなぜですか? それはちょうどサイズですか、それとも車両を定義する全体的なデザインと美学に何か他のものがありますか? 日本の小さなトラックやバンについてもっと知りたい場合は、このまま読み進めてください。

このような小さな日本のトラックやバンは、道路に最適です。

小型トラックまたはバンとは何ですか?

小さなトラックやバンのことを考えると、それはただの小さな車だと思うかもしれません。 これは正しいでしょう。 しかし、それは単なるサイズ以上のものです。 小型トラックおよびバンは、軽バンまたはトラックと呼ばれます。 その理由は、彼らが小さいためには、ケイの日本の基準に従わなければならないからです。 これらの基準は、バンまたはトラックが持つことができる電力の全体的なサイズを規制します。 現在、長さの標準は11.2フィート、高さは6.6フィート、全幅は4.9フィートです。 ご覧のとおり、これはフルサイズのトラックやバンとは大きく異なります。

小型トラックやバンの出力制限は、排気量660ccに制限されています。 ケイが現在の世代で許可されている最速は84mphです。 これは、市場に出回っている多くのフルサイズ車と競合します。 ただし、これは標準ではありません。 ほとんどの軽トラックとバンは約45から50mphの速度に達することができます。 これは他のいくつかの車両よりも低速ですが、ほとんどの道路をナビゲートするのに十分です。 日本の小型トラックやバンは高速道路や州間高速道路での使用を目的としていないため、この規制により、他のタイプの自動車にはない環境への配慮と機能が保証されます。

小さな日本のトラックとバンは新しいですか?

番号。 日本の小さなトラックやバンは1940年代から出回っています。 市場に出回っている主要なブランドのほとんどは、ある時点でミニトラックまたはバンを持っていました。 日本では、自動車を導入して以来、トラックが出回っています。 これは、日本での自動車の製造方法の考え方によるものです。 美的目的で設計されたものはいくつかありますが、製造された車両のほとんどは機能性を目的としています。 彼らはドライバーをポイントAからポイントBに連れて行くべきです。余分なものの多くは取り除かれます。 これは何世代にもわたって日本車に当てはまりました。

小さな日本のトラックとバンは新しいものではありませんが、市場に新しい車が追加されていないという意味ではありません。 軽トラックやバンの基準は頻繁に変わるため、市場も変わります。 いくつかの小さなバンやトラックは、10世代以上の開発を見てきました。 通常、これらの開発には、エンジンのアップグレード、キャビンの高さの増加、エンジンの配置の変更などが含まれます。 小さな日本のトラックやバンを探すときは、提供されている世代の機能を比較して、ニーズに最適なものを見つけてください。

小さなトラックやバンは安全ですか?

はい。 トラックが小さいからといって、安全に運転できないという誤解があります。 YouTubeやその他のメディアは、車両の転倒があったいくつかの例を示しています。 これらのビデオで説明されていないのは、車両が適切に使用されておらず、車両の重量が適切に分散されていないことです。 大型・小型の車両と同様に、重量を前にずらして運転すると、前傾しやすくなります。 縁石の取り方が速すぎると、傾きやすくなります。 これらのチャネルで伝播されるのは、このようなものです。

小さなトラックやバンは非常に安全です。 地面までの距離が短いため、他のフルサイズの車両のような風の抵抗がなく、ナビゲーションが簡単です。 簡素化されたキャビンは、ドライバーが気を散らすことなく道路に集中できる場所になります。 トラックのベッドはほとんどの用途に十分な大きさですが、運転手にとって煩わしくないほど小さいです。 小型トラックやバンには、安全性をさらに高めるために、フルサイズのトラックやバンなどの追加パッケージを含めることができます。 このような機能には、側面衝突、バックアップ通知、LED照明などがあります。

さまざまな小さな日本のトラックとバン

小さなトラックやバンにはどのくらいのスペースがありますか?

バンの小さなトラックは、ほとんどの人が考える方法に制限されていません。 トラックは2人の乗客を収容できます。これは、ほとんどの中小型トラックの標準です。 座席はリクライニングでき、キャビンの上部は背の高い人が快適に座ることができます。 バンは通常、バンのレイアウトがどのように配置されているかに応じて、4〜6人の乗客を収容できます。 スペースの主な違いは、余分なスペースが排除されていることです。 これにより、バンのフットスペースが狭くなる可能性があるため、購入する前に、全体的なデザインがどのように設計されているかを確認してください。

バンは小さなキャンピングカーとして設計することもできます。 これは、キャンピングカー用の残りのスペースがある4つの座席(キャビンに2つ、バンの後ろに2つ)があることを意味します。 小さなバンは、2つの引き戸とバックハッチからアクセスできます。

小さなトラックやバンはどこで使えますか?

日本の規制は米国とは異なるため、軽トラックやバンを運転できる場所には制限があります。 ほとんどの州では、小型トラックまたはバンのオフロード使用が許可されています。 他の州では、バンまたはトラックを標準車両の運転基準に合わせる必要があります。 すべての場合において、あなたが運転できる各州の中に置かれます。 車両の輸入先の州を確認することが重要です。

最良の結果を得るには、25歳以上の車両を選択してください。 これにより、クラシックカーのステータスを主張し、ほとんどの州で車両をオンロードにすることができます。

スズキキャリフvs.ダイハツハイジェットvs.スバルサンバー

スズキキャリ、ダイハツハイジェット、スバルサンバーは高品質の軽トラックとして知られています。 各モデルは信頼性の高いトラックであることが証明されており、何年にもわたって数世代にわたって展示されています。 これは、どちらが優れているかという問題を提起します。 消費者に最適なモデルはありますか? それらはすべて同じですか? この記事では、スズキキャリ、ダイハツハイジェット、スバルサンバーの主な機能のいくつかを見て、どのオプションが最適かを判断するのに役立てます。

スズキキャリフvs.ダイハツハイジェットvs.スバルサンバーどちらがいいですか? これは青いスバルサンバーです

スバルサンバーの経験

スバルサンバーは、市場で最も古い軽トラックの1つです。 1961年に設立されました。 スバルサンバーには6世代の世代があります。 これは、市場に出回っている他の軽トラックとは異なります。 多くは数世代を経てきました。 これはトラックにとってどういう意味ですか? まず、同社が時の試練に耐えられる軽トラックの開発に注力していることを示しています。 第二に、それは消費者が生産されたものに満足していることを証明します(消費者の要求を満たすために新しい世代を作成する必要がないため)。

スバルサンバー-現在の機能

スバルサンバーの現在のモデルには、3速オートマチックトランスミッションまたは5速マニュアルトランスミッションが含まれています。 インタークーラーとスーパーチャージャーもあります。 スバルサンバーの構造は、2台のボディであるため、市場に出回っているほとんどの軽トラックとは異なります。 スズキキャリなどの競合トラックのほとんどはユニボディです。 ツーピースのボディを持つことにより、スバルサンバーは道路上の現代のフルサイズのオプションのほとんどのシャーシと一致します。

ユニボディと2pcボディの両方に長所と短所があります。 主に、2個のボディで簡単にベッドをカスタマイズできます。 ユニボディは駆動列を支援します。 選択したモデルと必要な機能によっては、キャビンも影響を受ける可能性があります。 これは主に、ユニボディまたは2pcシャーシに基づいています。 現行モデルはダイハツを改造したデザイン。 これは、ダイハツハイジェットを購入するだけの方が良いかどうかという疑問に役立ちます。

ダイハツハイジェットの体験

ダイハツハイジェットは数年前から出回っています。 それはそれらの年の間にいくつかの変化を経てきました。 スバルサンバーと比較すると、ダイハツは6世代ではなく8世代です。 これらの世代の多くで、軽トラックのエンジンと基本的な機能が取り上げられました。 さらに、市場の需要が変化しました。 ダイハツはそのような要求に応える必要があることに気づきました。 具体的には、ダイハツはエンジンを2ストロークに更新し、設計の業務を削除し、キャビンを再設計する必要がありました。

これは、ダイハツハイジェットが最高品質の軽トラックではないということではありません。 むしろ、ブランドは、市場のさまざまな変化に耐えることができるトラックを作成することよりも、市場の現在の需要を満たすことに重点を置いていました。 そうは言っても、スバルサンバーがダイハツハイジェットの改造であるのには理由があります。 市販されている他の軽トラックよりも優れたモデルだからです。

ダイハツハイジェット現行モデル

ダイハツハイジェットの現在のモデルは、より現代的な美学とデザインに沿っています。 キャビンはハイトップで提供されます。 ダッシュオプションが更新されました。 このモデルのほとんどの世代と同様に、エンジンが更新されました。 ターボエンジンを搭載し、パワーアップ。 パワーの向上と並んで、ディアハツの安全機能とパフォーマンスに焦点を当てています。 破壊を助けるためにセンサーがモデルに追加されました。

スバルサンバーやスズキキャリと比べると、あまり人気のないモデルのひとつです。 全体的なデザインがより洗練されています。 ただし、まだいくつかの箱型の機能があります。 一部の人は不快感を感じるかもしれません。 それでも、配達、農業用、またはオフロード用の優れた軽トラックが必要な場合は、ダイハツハイジェットが最適です。

スズキキャリフvs.ダイハツハイジェットvs.スバルサンバー。 これは白のスズキキャリです。

スズキキャリット

市場で最も人気のあるけいは鈴木キャリーです。 製造60年を迎え、市場で最高の軽トラックの1つとしての地位を確立しました。 スズキキャリに提供される2つのオプションがあります。 この2つはスズキキャリ(標準)とスズキスーパーです。 スーパーを使用すると、衝突検出、ブレーキセンサーなどのより多くの機能があります。

スズキキャリエのベーシックモデルは、ハイキャビンを搭載。 中には、40ᵒと20ᵒの椅子のレイバックなど、いくつかの機能があります。 パワーウィンドウ、ドア、パワーステアリングも利用できます。 選択したモデルと世代に応じて、3速または4速5速シフトのオプションがあります。

スズキキャリ、ダイハツハイジェット、スバルサンバーのどれがいいですか?

議論されたすべてのモデルは購入する価値があります。 どのモデルがあなたに最適であるかを決定することは、あなたのニーズと期待に本当に依存します。 基本的な仕事と楽しみのために単純な軽トラックが必要な場合は、ダイハツハイジェットが最適です。 キャビンのカスタマイズやより多くのインテリアオプションをお探しの方は、スズキキャリまたはスズキスーパーを購入することをお勧めします。 これらのモデルは、よりモダンなインテリアとデザインの特徴を備えています。 最後に、ダンプベッドやシザーリフトに変換できるモデルを探している場合、またはフラットベッドでの優れたロードとアンロードが必要な場合は、スバルサンバーが最適なオプションです。

選択したモデルに関係なく、希望する世代で使用可能な機能を確認する必要があります。 スズキキャリ、ダイハツ、スバルサンバーの各世代には、前世代または後世代では利用できない機能があります。 軽トラックを選ぶときは、地元や州の輸入当局に確認することを強くお勧めします。 25歳未満の軽トラックの路上での使用には制限がある場合があるため、クラシックが好まれる場合があります。 しかし、モデルの品質と耐久性を考えると、古いケイでさえ素晴らしい選択です。

ダンプベッドvs.フラットベッド日本のミニトラック

日本のミニトラックには、2つの基本的なベッドオプションがあります。 この2つはフラットベッドとダンプベッドです。 あなたははさみのベッドを持つことができますが、それはあまり一般的ではありません。 ベッドを覆うことができます。 しかし、その時点では、トラックではなくバンがあります。 それで、どのベッドが最良の選択肢ですか? フラットベッドの日本のミニトラックまたはダンプベッドを購入する必要がありますか? この記事では、両方の所有権の長所と短所について説明します。 詳細については、以下をお読みください。

日本のミニトラックは、フラットベッドとダンプベッドで利用できます。

建設用トラック

ダンプベッド日本のミニトラックは主に建設用です。 ベッドはフルサイズのダンプトラックよりも小さいです。 これは、中小規模の仕事のためにトラックを購入する必要があることを意味します。 また、主要な建設作業でダンプベッドトラックを使用することもできますが、これはフリートの他のフルサイズのメンバーのコンパニオンとしてのみ使用できます。

日本のミニトラックを馬鹿にしたことの良い点の1つは、建設現場のポイントにアクセスするのが難しいことです。 フレームが狭く、30°の角度で運転できるため、フルサイズの車両よりも優れたソリューションです。

用途の広いトラック

ダンプトラックの日本のミニトラックとは異なり、フラットベッドは汎用性を提供します。 スズキキャリーミニやスバルサンバーなどのトラックは、大型トラックと同じように使用できます。 使用回数は、トラックの積載量とドライバーの想像力に限定されます。 ダンプトラックのように、フラットベッドトラックは、最も激しい傾斜や最も狭い路地に移動できます。

フラットベッドの日本のミニトラックは、農業用に分類できるため、輸入に適しています。 農業的に分類された日本のミニトラックは、道路での使用が許可されている場合があります。 ダンプベッドは分類が難しく、主にオフロードでの使用になります。

日本のミニトラックの重量負荷管理

どのトラックベッドがニーズに適しているかを検討するときは、重量負荷と負荷の管理方法を考慮する必要があります。 どちらのオプションにも同じ重量制限があります。 使用する日本のミニトラックの種類にもよりますが、制限は約1500ポンドです。 (1トン半)。 基本的な違いは、重量管理にあります。 ダンプベッドミニ軽トラックは、重量をより適切に管理します。 また、迅速な荷降ろしを可能にするダンプベッドの機能もあります。 フラットベッドには、転倒やその他の関連する重量の問題のリスクを最小限に抑えるために、重量が均等に分散された状態で積載する必要があります。

購入する前に、トラックのベッドの主な用途を検討してください。 材料を封じ込める必要がある場合は、ダンプベッドが最適です。 ただし、荷積みと荷降ろしを簡単にしたい場合は、フラットベッドを使用してください。 ほとんどのフラットベッドの日本のミニトラックは、貨物へのより迅速なアクセスを可能にする折り畳み式の側面を備えています。

運転に関する考慮事項

多くの日本のゴミ捨て場はフラットベッドに改造されています。 そのモデルの世代の一部として製造されたものがいくつかあります。 違いを知っています。 ダンプベッドが工場モデルではなく既存モデルへの追加であることがわかった場合は、運転能力を考慮する必要があります。

日本のミニトラックは2WDまたは4WDにすることができます。 ダンプベッドを使用する場合、2WD前輪駆動オプションは必要ありません。 これは、おもりを引っ張っていることを意味します。 トラックが負荷を処理する可能性がありますが、エンジンへの負担が車両の全体的な寿命を制限する可能性があります。 ダンプベッドの場合、あなたは本当に4WDの軽トラックが欲しいです。 フラットベッドは、前輪駆動か後輪駆動かに関係なく、ベッドの重量を処理するように特別に設計されているため、これを考慮する必要はありません。

側面を下にしたフラットベッドトラック

部品の入手可能性

ダンプベッドは、建設現場のコンパニオンとして持っているのに最適です。 選択したモデルによっては、ダンプベッドの部品が不足している場合があることに注意してください。 ダンプベッドの日本のミニトラックをご希望の場合は、現世代のモデルを選択することを強くお勧めします。 現在の世代のモデルでは、油圧リフトまたは交換部品の作業が必要な場合に、それらが利用可能であることを確認します。 古い世代の軽トラックは美観が強く、価格も安いかもしれませんが、車両の部品が見つからない場合、それは本当に価値がありますか?

フラットベッドの日本のトラック部品が一般的です。 マツダスクラムトラックのように、世代ごとに膨大な数のモデルが用意されているため、部品を簡単に見つけることができます。 フラットベッドトラックで問題が発生する可能性が高いのは、折りたたみ式ジョイントです。 これらは簡単に修理または交換できます。 部品の入手可能性に加えて、フラットベッドの建設です。 ほとんどのフラットベッドはユニボディです。つまり、ベッドとキャビンは同じシャーシ上にあります。 これにより、構造に問題が発生するリスクも軽減されます。

ダンプベッドとフラットベッドの日本のミニトラックのどちらが良いですか?

ダンプベッドとフラットベッドの両方に長所と短所があります。 ダンプベッド日本のミニトラックは、中小規模の建設作業をしていて、その作業のためにフルサイズのダンプトラックを借りたり購入したりする費用を望まない人に最適です。 また、重量を固定する必要がない場合は、重量を管理するのにも最適です。

フラットベッドトラックは、汎用性と使いやすさを提供します。 折りたたむことができるので、荷物の積み下ろしが簡単です。 トラックは農業用途に使用できるため、オフロードでのみ使用できるダンプベッドよりも優先されます。

どのオプションを選択しても、日本のミニトラックを最大限に活用できます。 市場に出回っている日本のミニトラックを購入する前に、輸入に関する規定についてすべての輸入当局に確認することが重要です。 25年以上のほとんどの軽トラックは簡単に輸入されます。

ダイハツハイジェットミニトラック

ダイハツハイジェットミニトラックは1960年から生産されています。 日本語でミゼットとして知られているこのトラックは、市場で最も人気のある軽トラックの1つです。 軽トラックは、同じような名前のトヨタと同じ家族ではありません。 ダイハツの生産はトヨタハイジェットを20年時代遅れにしました。 モデルには10世代があります。 世代間の違いを知ることは重要です。 ダイハツハイジェットミニトラックについて知っておくべきことは次のとおりです。

トラックだけではありません

ダイハツハイジェットという名前の最初の軽トラックは1960年に導入されましたが、この名前が付けられたのはこのタイプの車両だけではありません。 1961年、同社はマイクロバンにキャブオーバーを導入しました。 バンは軽トラックと同様の特徴を持っていました。 最初のモデルのトラックとバンの両方に2ストロークエンジンが搭載されていました。 これは、ライダーがエンジンの後ろに座っていることを意味しました。 どちらの第1世代モデルでも、最高速度は47mphでした。

初期のモデルは外観が箱型で、美学よりも機能性を選択していました。 しかし、1964年に、最初の世代は更新を受け取りました。 クロームメッキのユニットとより頑丈なボディを車両に与えることで、モデルはより競争力のある外観になりました。 しかし、車両は依然として正方形のヘッドライトと箱型のグリルデザインを維持していました。 ボディの箱型のデザインが縮小されたのは、世代の半ばになってからでした。

ダイハツハイジェットミニトラックの初期世代

初代以降、次の数台はダイハツハイジェクトミニトラックにさまざまな変更を加えました。 前世代のリアヒンジデザインの問題を修正するために、ドアの取り付け直しが行われました。 さらに、ZMエンジンが実装され、ミニトラックが時速53マイルにブーストされました。 この増加は、ほぼ同時に提供された全電気バージョンには適用されません。 1971年、ダイハツハイジェットミニトラックはオールシートメタルトラックに再設計されました。 これにより、以前のモデルよりも箱型の少ないデザインの軽量車両が製造されました。

バンも何年にもわたって変化を見ました。 具体的には、サイドバンのデザインが70年代初頭に導入され、サイドドアへのアクセスを提供しました。 このデザインは、車両のサイズなしでフォルクスワーゲンの美学をバンに与えました。 フルサイズのナンバープレートを可能にするためにバンパーが改良されました。

ダイハツハイジェットミニトラックの初期世代はボクサーでした。 これは、一部の機能を変更した80年代後半を示しています。

中間世代の変更と機能

70年代後半には、ダイハツハイジェットミニトラックに大きな変化が見られました。 まず、トラックはより長く、より広いボディを受け取りました。 この長いボディは、シャーシ全体をやり直す必要があることを意味しました。 中間世代で使用されたデザインもより広いものでした。 そのため、エンジンは元に戻されました。 エンジンへのアクセスは、フロントシートを持ち上げるのと同じくらい簡単になりました。 全体として、中間世代は外観をより丸みを帯びたデザインに変えるのに役立ちました。 ヘッドライトはより丸いオプションに置き換えられました。 特にシャーシに変更があった場合は、フロントクリップも数回交換されました。

4ストロークエンジンの導入がありましたが、ほとんどの場合、エンジンは2ストロークのままでした。 80年代初頭、エンジンは再び交換されました。 この変更により、四輪駆動トランスミッションが可能になりました。 1986年に、エンジンは3ストロークに置き換えられました。 これは前の世代では提供されていなかったものでした。 車両の幅が広くなり、長くなるにつれて、車両は一時的にハイジェットワイドのニックネームを受け取りました。

ダイハツハイジェットミニトラックも70年代後半から80年代前半にバンのバージョンを変更した。 最も重要な変更の1つは、パネルバンの導入でした。 スライドバンやキャブオーバーとは異なり、パネルバンは単にダウハツハイジェクトミニトラックのベッドに置かれた箱でした。

第9世代と現在の世代

ダイハツハイジェットミニトラックの最大の変更点は、おそらく第9世代でした。 まず、トラックのボディは、前世代のミッドエンジンキャブではなく、セミキャブデザインに変更されました。 トラックはまた、市場の需要に合うように丸みを帯びたデザインになるように洗練されました。 設計は業界のものに準拠しているため、第9世代で利用できるオプションがいくつかあります。

現在の世代は2004年に始まりました。 他の世代とは異なり、2020/21年の終わりまでダイハツハイジェットトラックを提供しない最初の世代です。 バンのみご利用いただけます。 バンにはターボエンジンが搭載されており、後輪駆動です。 9代目と10代目はどちらも日本とインドネシアで提供されています。 トヨタもトラックを販売しているが、彼らはそれをトヨタピクシスバンと呼んでいる。 現在のモデルはスライドドアですが、特定のモデルにはパネルバンのオプションがあります。

最新モデルでは、ダッシュボード、キャビン、テクノロジーに大きな変化が見られます。 これには、ブレーキセンサーやその他の電子機器、ハイキャビンデザイン、デジタルラジオオプションが含まれます。 なめらかで曲線に満ちた現世代は、ダイハツHijectミニトラックを市場で最も売れている軽トラックの1つにしています。

 ダイハツハイジェットミニトラック現世代。

ダイハツハイジェットミニトラックを購入する必要がありますか?

ダイハツハイジェットミニトラックが自動車のニーズに最適なオプションである理由はいくつかあります。 まず、車両が小さいため、迅速かつ正確なナビゲーションが可能です。 これは、狭い路地や建設現場をナビゲートしたり、1車線の道路を移動したりする必要がある人に最適です。 トラックの荷台にはかなりの重量負荷がかかるため、農業用途に最適です。 また、ダイハツハイジェットミニトラックは急な地形を走行できるため、オフロード車として最適です。

ダイハツハイジェットミニトラックを検討する際は、インポートとエクスポートのオプションを確認してください。 一部の地区では、25歳以上のトラックのみの輸入が許可されていますが、新しい輸入規制により特定のモデルが許可される場合があります。 税金と登録は、州と地方事務所の両方で確認する必要があります。 一部の地域では、ダイハツハイジェットミニトラックが農業目的で使用される場合、オンロードオプションを提供しています。

スズキキャリーミニ軽トラック

スズキキャリーミニ軽トラックは、今年製造60周年を迎えます。 市場で最も人気のあるミニ軽トラックの1つです。 なぜこの車はそんなに人気があるのですか? スズキキャリットのミニトラックは、室内空間、積載性能、安全装置、運転経験などの機能で人気があると感じています。 各エリアの詳細については、以下をお読みください。

スズキキャリーミニトラックが畑に展示されています。

2つの利用可能なオプション

スズキキャリーミニトラックにはいくつかのパッケージがありますが、提供される基本的なオプションは2つあります。 この2つはスズキキャリとスズキスーパーキャリミニトラックです。 美的には、それらは似ています。 それでも、2つのキャビンスペースの間には大きな違いがあります。 キャリーでは、乗客とドライバーのオプションは1つだけです。 スーパーキャリーでは、キャビンが拡張され、追加のスペースまたは追加の乗客が可能になります。 スズキキャリーミニトラックのベッドはスーパーキャリーよりも短いですが、それほどではありません。 基本的な違いは内部空間です。

ケイのための1トンの内部空間

通常、軽トラックを購入するときは、内部空間に特に焦点を当てる必要があります。 一部のモデルは、トラックのキャビンスペースの量を制限し、従来のデザイン機能を維持したいという願望が限られたスペースに対抗することを望んでいます。 スズキキャリーミニトラックの第1世代と第2世代でスペースが限られていることがわかった場合、新しい世代にはこの制限はありません。

スズキキャリートラックの内部には、部屋のテクスチャリングを可能にするカーペットライザーがあります。 シートは前後に移動できるため、あらゆるサイズのすべてのプロファイルを快適にフィットさせることができます。 トラックでリラックスする必要がある場合は、運転席側の40ᵒと助手席側の24ᵒレイバックが歓迎されます。 室内空間の天井の高さは、ヘルメットをかぶっていても、ほとんどの人が快適に座ることができます。

スズキキャリーミニトラックの積載能力

スズキキャリーミニトラックのフラットベッドは、他のモデルのフラットベッドとよく似ています。 ベッドはキャビンの後ろから2030mm伸び、幅は1,410mmです。 これは、低積載のベッド表面でナンバーワンのトラックであり、重い貨物の迅速かつ簡単な積み下ろしを可能にします。 鈴木氏によると、トラックは54〜60個のミルククレートサイズのコンテナを簡単に積み込むことができます。 もう少し部屋が必要ですか? スズキキャリーミニトラックの側面は折りたたまれているので、すばやくロードしたり、不規則なサイズのオブジェクトを簡単にロードしたりできます。 テールゲート上部から地面までのクリアランスは650mmで、ミニトラック用のスペースがあります。

材料を分散させるためにトラックを積み込むときは覚えておいてください。 軽トラックは優れた走行性能を発揮しますが、軽トラックの積み込みが不均一になると、転倒してぐらつくことがあります。 これは、このサイズのすべてのトラックの標準です。 安全機能を備えていますが、安全手順を遵守する必要があります。

スズキキャリーミニトラックを搭載。

内蔵の安全機能

彼らはスズキキャリーミニトラックの全体的なデザインを乗客とあなたの周りの人々の安全に焦点を合わせています。 まず、トラックのフロントガラスを最大化して、道路がはっきり見えるようにします。 大きな運転席と助手席の窓と組み合わせると、運転手は周囲のパノラマビューを見ることができます。 第二に、シートデザインは快適さと疲労を和らげるために作られています。 これは、ペダルを近くに配置し、適切な姿勢と操作性を促進することで実現されます。 第三に、スズキキャリーミニトラックのダッシュは読みやすいレイアウトを備えています。 これにより、誤って解釈された情報による怪我のリスクが最小限に抑えられます。

選択したパッケージによっては、車線逸脱警報、ウォブルアラーム機能、事前の車の始動通知、およびハイビームアシストのオプションもあります。 あなたの運転経験を増やすために最高のパッケージを選んでください。

スズキキャリーミニトラックの走行性能

スズキキャリーミニトラックに装備されているのは、可変バルブタイミングのR06Aエンジンです。 これにより、低速から中速の範囲で安定したトルクが得られます。 新世代モデルに5速オートマチックシフトを装備。 古いモデルは3から4ギアのマニュアルトランスミッションを持っています。 2速スマートモードとノーマルモードの使用が可能です。 2速スマートモデルを使用する前に、積載量と道路状況を考慮する必要があることに注意してください。

車両の合理化、車両の安全性を最大化しながらより速い速度を可能にすることは、高張力構造です。 ドライブトレインと組み合わせると、スズキキャリは、2WD、4WD、5MT、または3ATのいずれを使用しているかに応じて、14.2km / Lから最大17.12までの距離を走行できます。 選択したワンタッチドライブ選択機能がインストールされている場合は、2WDと4WDを切り替えることができます。

スズキキャリーミニトラックの運転は、ほとんどの道路をナビゲートするのに最適です。 近づくと、最も狭い丘でも登ることができます。 標準の登山能力は23ᵒです。 ただし、これは重量負荷によってわずかに変化する可能性があります。 満載の場合でも、トラックは多くのフルサイズトラックに取って代わります。これは、狭いスペースをナビゲートして、他の車両にとって通常問題となる領域にアクセスできるためです。 選択した機能を追加すると、運転条件が大幅に改善されます。

追加オプション

利用可能な標準機能とパッケージがたくさんありますが、スズキキャリーミニ軽トラックにさらに現代的な機能を追加してください。 一部の機能には、アクセサリソケット、エアコン、CDプレーヤーまたはAM / FMラジオ、パワーステアリング、パワーウィンドウ、およびパワードアロックが含まれます。 これらの機能は、古い世代では利用できない場合があります。 購入する前に、スズキキャリティーのプロバイダーに確認して、使用できるパッケージを決定してください。

ご覧のとおり、スズキキャリーミニ軽トラックが60年間トップの軽トラックとして存続している理由はたくさんあります。