軽トラックの州条例

軽トラックの州条例は州ごとに異なります。 このため、軽トラックを購入したい人は、軽自動車を購入する前に州法をよく理解しておくことが重要です。 ほとんどの場合、彼らは25歳以上の車両をクラシックカーとして宣言することができます。 クラシックカーは通常、新しい車両が順守しなければならないのと同じ規制や規定に従う必要はありません。 軽トラックの購入を検討している場合は、開始に役立つ州ごとの規制を以下に示します。

州によって定められた法律がない場合、それらの州は路上での使用は違法であると見なされるべきであることに注意してください。 ただし、これはすべての州に当てはまるとは限りません。 繰り返しになりますが、地元の州の輸入および運転当局に連絡して、軽トラックに関連する詳細を見つけてください。

軽トラックの州条例は注意深く見なければなりません。 これはガベルと条例という言葉です。

軽トラックまたはミニトラック

軽トラック、軽バン、軽自動車には違いがあることを知っておく必要があります。 通常、軽自動車はフルサイズの車両に似ています。 軽トラックは日本からの輸入品で、主に都市や農業用車両のように作られています。 車両の構造は米国の自動車製造とは異なるため、使用に関する基準と安全規制を順守する必要があります。 州が道路での車両の使用を許可している場合でも、車両を操作する前に、車両を標準の交通安全条件に戻す必要がある場合があります。

軽自動車を所有することには利点があります。 主に、アクセスのしやすさと価格を考慮する必要があります。 軽トラックは最大20ᵒの斜面を簡単に移動できます。 トラックは地面よりも低いため、重量配分により、ATVやその他の小型車両よりも安全な運転性が得られる傾向があります。

軽トラックの州条例

規制は州ごとに異なります。 以下は、各州に関連する既知の規制のリストです。 規則は次のとおりです。

アラバマ

彼らは州間高速道路を除くすべての道路で軽トラックを許可します。 さらに、トラックは最低時速25マイルに到達できる必要があります。

アラスカ

アラスカには記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アリゾナ

アリゾナには記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アーカンソー

彼らは、時速55マイルを超えない制限速度のある道路で軽トラックに余裕を持たせています。 これには、高速道路とアクセス制御された高速道路は含まれません。 また、すべての車両は、農場および農業目的でのみ登録する必要があります。

カリフォルニア

彼らは、人口が400万人を超える郡で、面積が20,000エーカーを超える自然の島で任意の軽自動車を使用できます。 ほとんどの世代の軽トラックは、これらのパラメーター内でアクセスできます。 ただし、カリフォルニア州内では、オートエット車(3輪車)は許可されていません。

コロラド

法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

コネチカット

コネチカットには記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

デラウェア

この州には法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的であるため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

フロリダ

一部の道路では軽トラックが許可されています。 ただし、速度制限は35mph以下である必要があります。 車両をミニトラックとして登録する必要があります。 したがって、トラックを使用する郡に、ミニトラックをオフロード車またはRV車として登録する必要があるかどうかを確認してください。

ジョージア

ジョージア州の軽トラックは、農業および農業目的でのみ使用できます。 25年以上経過した古い車両では、クラシックカーとして登録して道路で使用することができます。 さらに、速度規制に基づく制限がまだある場合があります。 要件と制限については、ローカルゾーニングに確認してください。

ハワイ

彼らはハワイの州法を記録していません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アイダホ

アイダホ州では、地方自治体のオプションに基づいて軽自動車を許可しています。 これは、購入して操作する前に、車両を操作したい郡に確認する必要があることを意味します。 ただし、ユーティリティタイプの車両である軽トラックを制限する車両には州全体の制限があります。 UTVはありません。

イリノイ

地方条例で制限されていない限り、制限速度35mphの道路で軽トラックを使用できます。 また、住宅街で操作する場合、制限速度は時速25マイルを超えることはできません。 車両のエンジンは356ccエンジンを搭載する傾向があるため、通常、旧世代の軽トラックはイリノイ州にとって理想的です。 これらのエンジンは、新しい車両よりも低い馬力を生成します。 さらに、古い車両には免除がある場合があります。

インディアナ

法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

アイオワ

アイオワ州の軽トラックに関する記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

カンザス

地方条例で車両の使用が制限されていない場合は、公道や企業の市域内で軽トラックを使用できます。 ただし、州間高速道路や州政府または連邦政府によって管理されている主要高速道路など、許可されていない道路があります。 州全体で、軽トラックに関するUTV条例はありません。

ケンタッキー

彼らは、ケンタッキー州の軽トラックの使用を地方条例のみに基づいています。 そのため、車両の運転を希望する郡に確認し、使用規則および使用規定を入手してください。

ルイジアナ

制限速度が55mph以下の道路では、軽自動車が許可されます。 ただし、これには、使用が禁止されている連邦または州の高速道路は含まれません。 ミニトラックの使用は禁止されています。 分割された高速道路や部分的に制御された道路での使用は許可されていません。

メイン

制限速度が時速35マイル未満で車両の全体速度が時速25マイル未満の場合、主要道路での軽トラックを考慮に入れます。 これにより、車両の使用は主に住宅地に限定されます。 高速道路や州間高速道路でのKeiの使用は許可されていません。

メリーランド

軽トラックに関する州の条例は記録されていません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

マサチューセッツ

マサチューセッツ州について記録された法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ミシガン

州法は存在しません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ミネソタ

彼らは、地方条例に基づいて、この状態での軽自動車の使用に基づいていました。 許可される軽トラックの種類も地方条例で定められています。 地域の規制を確認して、軽トラックをどこでどのように使用できるかを確認してください。

ミシシッピ

彼らは現在、この州の法律をリストしていません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ミズーリ

地方条例は、トラックを使用できる場所を規定しています。 ただし、州の条例により、軽トラックの速度は45mph以下の車両に制限されています。 彼らはミズーリ州で小型ユーティリティビークルを許可しませんでした。 これにより、現代世代の軽自動車の使用が制限される可能性があります。 購入する前に、意図したインポートの全体的なhp出力を確認してください。

モンタナ

軽トラックにアクセス可能な法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ネブラスカ

小型車は許可されていますが、軽トラックは許可されていません。 主要高速道路、州間高速道路、高速道路、高速道路を除くすべての道路で小型車を使用できます。 ミニトラックが軽トラックとなるのか、ミニトラックとなるのかについて質問がある場合は、地方自治体に確認してください。 軽トラックからキャンピングカーへの改造でない場合は、軽自動車やキャンピングカーに手当が支給されます。

ニューハンプシャー

それらは、ニューハンプシャーでの使用に軽トラックを制限します。 35mph以下の道路へのアクセスが制限されていることを除けば、車両の使用は住宅から25マイル以内でなければなりません。 事業所での使用は許可されていますが、事業所から半径25マイルの範囲外で使用することはできません。 ニューハンプシャーには許可された低速ユーティリティビークルはありません。

ニュージャージー

利用可能な州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ニューメキシコ

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ニューヨーク

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ノースカロライナ州

この州で利用できる法律はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ノースダコタ

彼らは州内のほとんどの舗装道路で軽トラックを許可します。 これに対する免除は、高速道路と制限速度が65mphを超える道路です。 軽トラックの速度は時速55マイルを超えることはできません。 ノースダコタ州の軽トラックをオフハイウェイ車両として登録する必要があります。つまり、主にオフロードまたは農業用に使用されます。

オハイオ

制限速度が35mph以下の道路では、軽トラックが許可されます。 ただし、地方条例はこれよりも優先されます。 軽トラックのアクセシビリティについては、地域のゾーニングに確認してください。 州全体で、軽自動車の速度は35mphを超えることはできません。

オクラホマ

彼らは、高速道路と州間高速道路を除くすべての道路で軽トラックを許可します。

オレゴン

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ペンシルベニア

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ロードアイランド

利用可能な州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

サウスカロライナ

利用可能な州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

サウス・ダコタ

州法は存在しません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

テネシー

通りの制限速度が40mph以下の場合、軽トラックを許可します。 郡および市の道路では、管轄内で軽トラックが許可される場合があります。 州全体のトラックを最高速度35mph以下の車両に制限しています。 高速道路、州間高速道路、および小道は、州全体へのアクセスが禁止されています。

テキサス

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ユタ

高速道路、州間高速道路、および小道を除くすべての道路で軽トラックを許可します。 地方条例に基づいて、アクセスに制限がある場合があります。 州全体で、法律は最高速度が45mphを超える軽自動車の使用を禁止しています。

バーモント

州法は存在しません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

バージニア

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ワシントン

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ウェストバージニア

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ウィスコンシン

州法はありません。 軽トラックの使用禁止は一般的です。 そのため、軽トラックの使用の詳細については、地域の州法を確認してください。

ワイオミング

軽自動車は、アクセスしている道路の制限速度に到達できる必要があります。 彼らはすべての道路で余裕を持っていますが、右側の車線と車道の端を維持する必要があります。 彼らは多目的車として軽トラックをリストしなければなりません。 地方条例によりアクセスが制限される場合があります。

軽トラックの州条例に関する注記

軽トラックに関する上記の州条例は、ガイドとしてのみ使用してください。 規制や規定を決定するために適切な当局に連絡するのは、軽トラックの所有者の責任です。

軽トラックの州条例はさまざまです。 あなたの軽トラックを購入するとき、それらを覚えておいてください。

何年購入すればいいですか

軽トラックを運転したい郡または州の規制によっては、古い車両を選ぶことをお勧めします。 これは規制の抜け穴です。 軽トラックに関するほとんどの州の条例では、車両が25歳以上の場合、軽自動車をクラシック自動車として登録することができます。

新しい軽トラックは、他のサイズやクラスの車両と同じ基準に車両を引き上げた場合に制限される道路で使用できる可能性があります。 これは、リフトキット、ライトの交換、シートベルト/エアバッグの取り付けなどが必要であることを意味する場合があります。