小さな日本のトラックとバン

小さなトラックやバンの人気が高まっています。 スバルサンバー、日産パオ、三菱ミニキャブなど、多くのブランドが市場に出回っています。 しかし、これらのブランドを小さなトラックとバンにしているのはなぜですか? それはちょうどサイズですか、それとも車両を定義する全体的なデザインと美学に何か他のものがありますか? 日本の小さなトラックやバンについてもっと知りたい場合は、このまま読み進めてください。

このような小さな日本のトラックやバンは、道路に最適です。

小型トラックまたはバンとは何ですか?

小さなトラックやバンのことを考えると、それはただの小さな車だと思うかもしれません。 これは正しいでしょう。 しかし、それは単なるサイズ以上のものです。 小型トラックおよびバンは、軽バンまたはトラックと呼ばれます。 その理由は、彼らが小さいためには、ケイの日本の基準に従わなければならないからです。 これらの基準は、バンまたはトラックが持つことができる電力の全体的なサイズを規制します。 現在、長さの標準は11.2フィート、高さは6.6フィート、全幅は4.9フィートです。 ご覧のとおり、これはフルサイズのトラックやバンとは大きく異なります。

小型トラックやバンの出力制限は、排気量660ccに制限されています。 ケイが現在の世代で許可されている最速は84mphです。 これは、市場に出回っている多くのフルサイズ車と競合します。 ただし、これは標準ではありません。 ほとんどの軽トラックとバンは約45から50mphの速度に達することができます。 これは他のいくつかの車両よりも低速ですが、ほとんどの道路をナビゲートするのに十分です。 日本の小型トラックやバンは高速道路や州間高速道路での使用を目的としていないため、この規制により、他のタイプの自動車にはない環境への配慮と機能が保証されます。

小さな日本のトラックとバンは新しいですか?

番号。 日本の小さなトラックやバンは1940年代から出回っています。 市場に出回っている主要なブランドのほとんどは、ある時点でミニトラックまたはバンを持っていました。 日本では、自動車を導入して以来、トラックが出回っています。 これは、日本での自動車の製造方法の考え方によるものです。 美的目的で設計されたものはいくつかありますが、製造された車両のほとんどは機能性を目的としています。 彼らはドライバーをポイントAからポイントBに連れて行くべきです。余分なものの多くは取り除かれます。 これは何世代にもわたって日本車に当てはまりました。

小さな日本のトラックとバンは新しいものではありませんが、市場に新しい車が追加されていないという意味ではありません。 軽トラックやバンの基準は頻繁に変わるため、市場も変わります。 いくつかの小さなバンやトラックは、10世代以上の開発を見てきました。 通常、これらの開発には、エンジンのアップグレード、キャビンの高さの増加、エンジンの配置の変更などが含まれます。 小さな日本のトラックやバンを探すときは、提供されている世代の機能を比較して、ニーズに最適なものを見つけてください。

小さなトラックやバンは安全ですか?

はい。 トラックが小さいからといって、安全に運転できないという誤解があります。 YouTubeやその他のメディアは、車両の転倒があったいくつかの例を示しています。 これらのビデオで説明されていないのは、車両が適切に使用されておらず、車両の重量が適切に分散されていないことです。 大型・小型の車両と同様に、重量を前にずらして運転すると、前傾しやすくなります。 縁石の取り方が速すぎると、傾きやすくなります。 これらのチャネルで伝播されるのは、このようなものです。

小さなトラックやバンは非常に安全です。 地面までの距離が短いため、他のフルサイズの車両のような風の抵抗がなく、ナビゲーションが簡単です。 簡素化されたキャビンは、ドライバーが気を散らすことなく道路に集中できる場所になります。 トラックのベッドはほとんどの用途に十分な大きさですが、運転手にとって煩わしくないほど小さいです。 小型トラックやバンには、安全性をさらに高めるために、フルサイズのトラックやバンなどの追加パッケージを含めることができます。 このような機能には、側面衝突、バックアップ通知、LED照明などがあります。

さまざまな小さな日本のトラックとバン

小さなトラックやバンにはどのくらいのスペースがありますか?

バンの小さなトラックは、ほとんどの人が考える方法に制限されていません。 トラックは2人の乗客を収容できます。これは、ほとんどの中小型トラックの標準です。 座席はリクライニングでき、キャビンの上部は背の高い人が快適に座ることができます。 バンは通常、バンのレイアウトがどのように配置されているかに応じて、4〜6人の乗客を収容できます。 スペースの主な違いは、余分なスペースが排除されていることです。 これにより、バンのフットスペースが狭くなる可能性があるため、購入する前に、全体的なデザインがどのように設計されているかを確認してください。

バンは小さなキャンピングカーとして設計することもできます。 これは、キャンピングカー用の残りのスペースがある4つの座席(キャビンに2つ、バンの後ろに2つ)があることを意味します。 小さなバンは、2つの引き戸とバックハッチからアクセスできます。

小さなトラックやバンはどこで使えますか?

日本の規制は米国とは異なるため、軽トラックやバンを運転できる場所には制限があります。 ほとんどの州では、小型トラックまたはバンのオフロード使用が許可されています。 他の州では、バンまたはトラックを標準車両の運転基準に合わせる必要があります。 すべての場合において、あなたが運転できる各州の中に置かれます。 車両の輸入先の州を確認することが重要です。

最良の結果を得るには、25歳以上の車両を選択してください。 これにより、クラシックカーのステータスを主張し、ほとんどの州で車両をオンロードにすることができます。