スズキキャリフvs.ダイハツハイジェットvs.スバルサンバー

スズキキャリ、ダイハツハイジェット、スバルサンバーは高品質の軽トラックとして知られています。 各モデルは信頼性の高いトラックであることが証明されており、何年にもわたって数世代にわたって展示されています。 これは、どちらが優れているかという問題を提起します。 消費者に最適なモデルはありますか? それらはすべて同じですか? この記事では、スズキキャリ、ダイハツハイジェット、スバルサンバーの主な機能のいくつかを見て、どのオプションが最適かを判断するのに役立てます。

スズキキャリフvs.ダイハツハイジェットvs.スバルサンバーどちらがいいですか? これは青いスバルサンバーです

スバルサンバーの経験

スバルサンバーは、市場で最も古い軽トラックの1つです。 1961年に設立されました。 スバルサンバーには6世代の世代があります。 これは、市場に出回っている他の軽トラックとは異なります。 多くは数世代を経てきました。 これはトラックにとってどういう意味ですか? まず、同社が時の試練に耐えられる軽トラックの開発に注力していることを示しています。 第二に、それは消費者が生産されたものに満足していることを証明します(消費者の要求を満たすために新しい世代を作成する必要がないため)。

スバルサンバー-現在の機能

スバルサンバーの現在のモデルには、3速オートマチックトランスミッションまたは5速マニュアルトランスミッションが含まれています。 インタークーラーとスーパーチャージャーもあります。 スバルサンバーの構造は、2台のボディであるため、市場に出回っているほとんどの軽トラックとは異なります。 スズキキャリなどの競合トラックのほとんどはユニボディです。 ツーピースのボディを持つことにより、スバルサンバーは道路上の現代のフルサイズのオプションのほとんどのシャーシと一致します。

ユニボディと2pcボディの両方に長所と短所があります。 主に、2個のボディで簡単にベッドをカスタマイズできます。 ユニボディは駆動列を支援します。 選択したモデルと必要な機能によっては、キャビンも影響を受ける可能性があります。 これは主に、ユニボディまたは2pcシャーシに基づいています。 現行モデルはダイハツを改造したデザイン。 これは、ダイハツハイジェットを購入するだけの方が良いかどうかという疑問に役立ちます。

ダイハツハイジェットの体験

ダイハツハイジェットは数年前から出回っています。 それはそれらの年の間にいくつかの変化を経てきました。 スバルサンバーと比較すると、ダイハツは6世代ではなく8世代です。 これらの世代の多くで、軽トラックのエンジンと基本的な機能が取り上げられました。 さらに、市場の需要が変化しました。 ダイハツはそのような要求に応える必要があることに気づきました。 具体的には、ダイハツはエンジンを2ストロークに更新し、設計の業務を削除し、キャビンを再設計する必要がありました。

これは、ダイハツハイジェットが最高品質の軽トラックではないということではありません。 むしろ、ブランドは、市場のさまざまな変化に耐えることができるトラックを作成することよりも、市場の現在の需要を満たすことに重点を置いていました。 そうは言っても、スバルサンバーがダイハツハイジェットの改造であるのには理由があります。 市販されている他の軽トラックよりも優れたモデルだからです。

ダイハツハイジェット現行モデル

ダイハツハイジェットの現在のモデルは、より現代的な美学とデザインに沿っています。 キャビンはハイトップで提供されます。 ダッシュオプションが更新されました。 このモデルのほとんどの世代と同様に、エンジンが更新されました。 ターボエンジンを搭載し、パワーアップ。 パワーの向上と並んで、ディアハツの安全機能とパフォーマンスに焦点を当てています。 破壊を助けるためにセンサーがモデルに追加されました。

スバルサンバーやスズキキャリと比べると、あまり人気のないモデルのひとつです。 全体的なデザインがより洗練されています。 ただし、まだいくつかの箱型の機能があります。 一部の人は不快感を感じるかもしれません。 それでも、配達、農業用、またはオフロード用の優れた軽トラックが必要な場合は、ダイハツハイジェットが最適です。

スズキキャリフvs.ダイハツハイジェットvs.スバルサンバー。 これは白のスズキキャリです。

スズキキャリット

市場で最も人気のあるけいは鈴木キャリーです。 製造60年を迎え、市場で最高の軽トラックの1つとしての地位を確立しました。 スズキキャリに提供される2つのオプションがあります。 この2つはスズキキャリ(標準)とスズキスーパーです。 スーパーを使用すると、衝突検出、ブレーキセンサーなどのより多くの機能があります。

スズキキャリエのベーシックモデルは、ハイキャビンを搭載。 中には、40ᵒと20ᵒの椅子のレイバックなど、いくつかの機能があります。 パワーウィンドウ、ドア、パワーステアリングも利用できます。 選択したモデルと世代に応じて、3速または4速5速シフトのオプションがあります。

スズキキャリ、ダイハツハイジェット、スバルサンバーのどれがいいですか?

議論されたすべてのモデルは購入する価値があります。 どのモデルがあなたに最適であるかを決定することは、あなたのニーズと期待に本当に依存します。 基本的な仕事と楽しみのために単純な軽トラックが必要な場合は、ダイハツハイジェットが最適です。 キャビンのカスタマイズやより多くのインテリアオプションをお探しの方は、スズキキャリまたはスズキスーパーを購入することをお勧めします。 これらのモデルは、よりモダンなインテリアとデザインの特徴を備えています。 最後に、ダンプベッドやシザーリフトに変換できるモデルを探している場合、またはフラットベッドでの優れたロードとアンロードが必要な場合は、スバルサンバーが最適なオプションです。

選択したモデルに関係なく、希望する世代で使用可能な機能を確認する必要があります。 スズキキャリ、ダイハツ、スバルサンバーの各世代には、前世代または後世代では利用できない機能があります。 軽トラックを選ぶときは、地元や州の輸入当局に確認することを強くお勧めします。 25歳未満の軽トラックの路上での使用には制限がある場合があるため、クラシックが好まれる場合があります。 しかし、モデルの品質と耐久性を考えると、古いケイでさえ素晴らしい選択です。