ダイハツハイジェットミニトラック

ダイハツハイジェットミニトラックは1960年から生産されています。 日本語でミゼットとして知られているこのトラックは、市場で最も人気のある軽トラックの1つです。 軽トラックは、同じような名前のトヨタと同じ家族ではありません。 ダイハツの生産はトヨタハイジェットを20年時代遅れにしました。 モデルには10世代があります。 世代間の違いを知ることは重要です。 ダイハツハイジェットミニトラックについて知っておくべきことは次のとおりです。

トラックだけではありません

ダイハツハイジェットという名前の最初の軽トラックは1960年に導入されましたが、この名前が付けられたのはこのタイプの車両だけではありません。 1961年、同社はマイクロバンにキャブオーバーを導入しました。 バンは軽トラックと同様の特徴を持っていました。 最初のモデルのトラックとバンの両方に2ストロークエンジンが搭載されていました。 これは、ライダーがエンジンの後ろに座っていることを意味しました。 どちらの第1世代モデルでも、最高速度は47mphでした。

初期のモデルは外観が箱型で、美学よりも機能性を選択していました。 しかし、1964年に、最初の世代は更新を受け取りました。 クロームメッキのユニットとより頑丈なボディを車両に与えることで、モデルはより競争力のある外観になりました。 しかし、車両は依然として正方形のヘッドライトと箱型のグリルデザインを維持していました。 ボディの箱型のデザインが縮小されたのは、世代の半ばになってからでした。

ダイハツハイジェットミニトラックの初期世代

初代以降、次の数台はダイハツハイジェクトミニトラックにさまざまな変更を加えました。 前世代のリアヒンジデザインの問題を修正するために、ドアの取り付け直しが行われました。 さらに、ZMエンジンが実装され、ミニトラックが時速53マイルにブーストされました。 この増加は、ほぼ同時に提供された全電気バージョンには適用されません。 1971年、ダイハツハイジェットミニトラックはオールシートメタルトラックに再設計されました。 これにより、以前のモデルよりも箱型の少ないデザインの軽量車両が製造されました。

バンも何年にもわたって変化を見ました。 具体的には、サイドバンのデザインが70年代初頭に導入され、サイドドアへのアクセスを提供しました。 このデザインは、車両のサイズなしでフォルクスワーゲンの美学をバンに与えました。 フルサイズのナンバープレートを可能にするためにバンパーが改良されました。

ダイハツハイジェットミニトラックの初期世代はボクサーでした。 これは、一部の機能を変更した80年代後半を示しています。

中間世代の変更と機能

70年代後半には、ダイハツハイジェットミニトラックに大きな変化が見られました。 まず、トラックはより長く、より広いボディを受け取りました。 この長いボディは、シャーシ全体をやり直す必要があることを意味しました。 中間世代で使用されたデザインもより広いものでした。 そのため、エンジンは元に戻されました。 エンジンへのアクセスは、フロントシートを持ち上げるのと同じくらい簡単になりました。 全体として、中間世代は外観をより丸みを帯びたデザインに変えるのに役立ちました。 ヘッドライトはより丸いオプションに置き換えられました。 特にシャーシに変更があった場合は、フロントクリップも数回交換されました。

4ストロークエンジンの導入がありましたが、ほとんどの場合、エンジンは2ストロークのままでした。 80年代初頭、エンジンは再び交換されました。 この変更により、四輪駆動トランスミッションが可能になりました。 1986年に、エンジンは3ストロークに置き換えられました。 これは前の世代では提供されていなかったものでした。 車両の幅が広くなり、長くなるにつれて、車両は一時的にハイジェットワイドのニックネームを受け取りました。

ダイハツハイジェットミニトラックも70年代後半から80年代前半にバンのバージョンを変更した。 最も重要な変更の1つは、パネルバンの導入でした。 スライドバンやキャブオーバーとは異なり、パネルバンは単にダウハツハイジェクトミニトラックのベッドに置かれた箱でした。

第9世代と現在の世代

ダイハツハイジェットミニトラックの最大の変更点は、おそらく第9世代でした。 まず、トラックのボディは、前世代のミッドエンジンキャブではなく、セミキャブデザインに変更されました。 トラックはまた、市場の需要に合うように丸みを帯びたデザインになるように洗練されました。 設計は業界のものに準拠しているため、第9世代で利用できるオプションがいくつかあります。

現在の世代は2004年に始まりました。 他の世代とは異なり、2020/21年の終わりまでダイハツハイジェットトラックを提供しない最初の世代です。 バンのみご利用いただけます。 バンにはターボエンジンが搭載されており、後輪駆動です。 9代目と10代目はどちらも日本とインドネシアで提供されています。 トヨタもトラックを販売しているが、彼らはそれをトヨタピクシスバンと呼んでいる。 現在のモデルはスライドドアですが、特定のモデルにはパネルバンのオプションがあります。

最新モデルでは、ダッシュボード、キャビン、テクノロジーに大きな変化が見られます。 これには、ブレーキセンサーやその他の電子機器、ハイキャビンデザイン、デジタルラジオオプションが含まれます。 なめらかで曲線に満ちた現世代は、ダイハツHijectミニトラックを市場で最も売れている軽トラックの1つにしています。

 ダイハツハイジェットミニトラック現世代。

ダイハツハイジェットミニトラックを購入する必要がありますか?

ダイハツハイジェットミニトラックが自動車のニーズに最適なオプションである理由はいくつかあります。 まず、車両が小さいため、迅速かつ正確なナビゲーションが可能です。 これは、狭い路地や建設現場をナビゲートしたり、1車線の道路を移動したりする必要がある人に最適です。 トラックの荷台にはかなりの重量負荷がかかるため、農業用途に最適です。 また、ダイハツハイジェットミニトラックは急な地形を走行できるため、オフロード車として最適です。

ダイハツハイジェットミニトラックを検討する際は、インポートとエクスポートのオプションを確認してください。 一部の地区では、25歳以上のトラックのみの輸入が許可されていますが、新しい輸入規制により特定のモデルが許可される場合があります。 税金と登録は、州と地方事務所の両方で確認する必要があります。 一部の地域では、ダイハツハイジェットミニトラックが農業目的で使用される場合、オンロードオプションを提供しています。